お知らせ

2014.10.03

~イベントレポート~
バーテンダー・DJ・イラストレーターが共演
Pop upバー「カティカーゴ」が初の日本上陸
エンターティメントと最新ウイスキーカクテルを提供

バカルディ ジャパン株式会社(代表取締役社長 皆川昌三)が輸入し、サッポロビール株式会社(代表取締役社長 尾賀真城)が販売する、ブレンデッドウィスキー「カティサーク」は、世界各国で活躍するバーテンダーを集結させ、音楽やエンターテイメントをつめこんだPOP UPバー「カティカーゴ」を、2014年9月20日(土)、21日(日)に開催された 「Tokyo International BarShow + WHISKY LIVE 2014」内(東京ドームシティ プリズムホール)に期間限定でオープンし、多くの人々が来場いたしました。

「カティカーゴ」は、各都市で最先端の音楽やエンターテイメントをつめこんだバーで、「カティサーク」の名前の由来に基づき、世界中を駆け巡る舟のように世界各国をめぐります。
東京には、世界で活躍する話題のバーテンダー、ジム・ミーハン氏(NY)、ウェイン・コリンズ氏(LONDON)が来日し、「カティサーク」を使用した、最先端のカクテルパフォーマンスを実施、彼らのプレゼンテーションが多くの人々を魅了しました。
日本からは池袋「Bar Libre」の清崎雄二郎氏がパフォーマンスを行い、カクテルをカティサークオリジナルのマグカップでサーブ。欧米で流行中の禁酒法時代を思わせるカクテル提供がご好評いただきました。また、数少ない女性のマスターブレンダ―、カースティン・キャンベルによるテイスティングセッションにも多くの注目が集まりました。

「カティカーゴ」内では、カティサークにライムジュース、ミョウガ、シロップをいれジンジャーエールでアップした「Cutty Tayler」(カティテイラー)や、カティサーク ストームにアールグレイティー、レモンジュース、シロップをいれ、ソーダでアップした「Cutty Clipper」(カティクリッパー)がふるまわれた他、
日本未発売のカティサーク プロヒビションの試飲も実施いたしました。

音楽やエンターテイメントにも富んだ「カティカーゴ」にふさわしく、サウンドセレクターとしてDJ KAWASAKIやDJ MaRia、EMIKAが登場。イラストレーター新宮大史氏がカティカーゴの外壁に行っていたライブペインティングも多くの人が足を止め、そのパフォーマンスを楽しみました。

実施概要

■名称:カティカーゴ
■期間:2014年9月20日(土)、21日(日)
■場所:東京ドームシティ プリズムホール
     (東京都文京区後楽1−3−61)
■開催時間:11:30~18:00

カティサークについて

ワイン商の経営者であるフランシス・ベリーと、その友人である芸術家ジェームズ・マクベイによって1923年にロンドンで誕生。マッカランやハイランドパークをキーモルトとして使用した良質なブレンデッドウィスキーで、まろやかで上質な仕上がりが特徴です。1923年の誕生以来、全世界にその味わいが広く受け入れられています。