お知らせ

2017.01.16

小林賢太郎氏演出の“デュワーズルーム”
その全貌をスペシャルムービーで公開!

バカルディ ジャパン株式会社(代表取締社長 前田 章子)が輸入し、サッポロビール株式会社(代表取締役社長 髙島 英也)が販売するスコッチ・ウイスキーブランド「デュワーズ」は、「起源」「原点」「本質」を存分に味わえるこだわりの空間「Dewar’s Room」を2016年11月18日から11月22日までの5日間、箱根「富士屋ホテル」にて展開しました。脚本家・パフォーマーとして絶大なる支持を得ている小林 賢太郎氏が、企画・脚本・演出を手掛け、特別な物語と空間を創りだした「Dewar‘s Room」への宿泊希望の応募件数は、7000件以上という人気と話題を集めました。
5組10名のみの限られた体験となった「Dewar’s Room」の全貌について、今回、小林賢太郎氏自らが脚本・監督したスペシャルムービーを製作し、デュワーズのFacebookで特別に公開することが決定いたしました。デュワーズが小林 賢太郎氏と作りあげた世界観をどうぞお楽しみください。
■「Dewar’s Room」スペシャルムービー概要
  • タイトル
    Dewar’s Room Special Story 「D氏を待ちながら」
  • 脚本・監督
    小林賢太郎
  • 撮影
    松井康一郎
  • 編集
    松永ホマレ
  • 演奏
    近藤研二
  • 衣装
    伊賀大介
  • 出演
    南大介
  • 撮影協力
    富士屋ホテル
  • 公開サイト
【デュワーズ】
1846年にスコットランド・ハイランド地方で誕生して以来、160年以上にわたって世界で愛され続ける本格スコッチ・ウイスキー。創業者ジョン・デュワーによって生み出された、「華やかにひろがる芳醇な香りと、まろやかでバランスのとれた味わい」のデュワーズは、彼の息子たちの「革新的なアイデアと揺るぎない信念」によって、世界的なウィスキー・ブランドとなりました。そして今日、スコッチ最大の消費国アメリカにおいてシェアNo.1*のスタンダード・スコッチとして楽しまれているのをはじめ、世界中の国々で人々から愛されています。
* IWSR 2015における、アメリカでのスタンダード・ブレンデッド・スコッチ・ウイスキー販売数量シェアNo.1(デュワーズ ホワイト・ラベル)