BOMBAY SAPPHIRE
WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDERとは?
ボンベイ・サファイア WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER コンペティションは、全世界のバーから最も創意にあふれる才能を選出するもので、カクテル創作の刺激になるよう、ボタニカルの原産地での体験ツアーを実施するなど、バーテンダーのより創造的な活動を支援することを目的として開催しているコンペティションです。
  • この動画をシェアする
  • Facebook
  • twitter
  • Google
2014年の WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER 世界大会は6月8日~12日にイギリス・ロンドンで、世界14カ国から選出されたトップバーテンダーが参加して行われました。コンペティション出場者には、新たにオープンするボンベイ・サファイアのラヴァーストーク・ミル蒸留所への訪問をはじめとした、5日間にわたる現地での体験ツアーの内容を活かして「最も独創的なカクテルを考案する使命」が与えられました。世界大会に先立って、4月24日には日本代表を選出する日本大会最終選考会が実施されました。日本バーテンダー協会(N.B.A.)、日本ホテルバーメンズ協会(H.B.A.)、プロフェッショナル・バーテンダーズ機構(P.B.O.)の各団体および一般公募部門の参加者からレシピを募集し、各部門から代表レシピ1作品を選出。各部門の代表に選ばれた4名による最終選考会を経て、徳永あゆみさん(P.B.O.代表、Bar Seven Seas / 福岡)が日本代表に選出されました。また、最終選考会に出場された3名の方にも、世界大会へオブザーバー(観戦者)として参加する権利が与えられました。
WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER 2014 イギリス・ロンドンで開催された2014年世界大会の模様
DAY1
初日は、ロンドンから車で2時間ほどの距離に位置するハンプシャー州に滞在。世界14か国の代表が一堂に会するオープニングレセプションにてウェルカムドリンクがふるまわれた後、イギリス郊外の田園地帯を散策し、伝統的なブリティッシュ・パブでディナーを楽しみました。
DAY2
2日目は、新たにオープンするボンベイ・サファイアのラヴァ―ストーク・ミル蒸留所を訪問。ボタニカルマスターのイヴァノ・トヌッティによる10種類のボタニカルに関するレクチャー、蒸留所施設内を見学した後、ロンドンへ移動。歴史を感じさせるクラシックなロンドンバスで市内の風景を楽しみながら移動、イギリス料理のディナーを満喫してから、話題のミクソロジ―バーを訪問しました。
DAY3
3日目は午前中にバーテンディングやPR、イノベーションなど、様々な分野のエキスパートによる講演を聞いた後、セミファイナルに向けてカクテル創作のためのショッピング。コンペティション出場者はロンドン市内のマーケットを訪問して、決められた金額の中でバーツールやグラスウェア、カクテルの材料を購入しました。夜はドレスアップして、サボイホテル内のレストランでボタニカルメニューを楽しんだ後、ロンドン最先端のバーを訪問しました。
DAY4
4日目の午前中は、セミファイナルに向けたコンペティション用カクテルの準備。各出場者は、お互いの作品を意識しながらも、和やかな雰囲気の中で作業をしていました。19時から各国の予選を勝ち抜いた世界14ヵ国のトップバーテンダーによるセミファイナルがスタート。静寂と歓声が入り混じる会場で、ハイレベルなパフォーマンスが深夜まで繰り広げられた結果、日本代表の徳永あゆみさんがトップ5名に選出され、見事グランドファイナルに進出されました。グランドファイナル進出国: 日本、イギリス(アイルランド)、イタリア、フランス、アメリカ
FINAL DAY
WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER 世界大会のクライマックスとなる5日目の午前中、各出場者はレシピやコスチューム、スピーチなど前日のパフォーマンスを振り返り、グランドファイナルに向けてプレゼンテーション内容の最終調整を行いました。100名以上の観客が見守る中、20時30分にグランドファイナルがスタート。世界トップ5名の出場者による熱のこもったパフォーマンスが展開され、審査員による厳正な討議を経た結果、イングランド銀行の紙幣用の紙を製造していた歴史を持つラヴァーストーク・ミル蒸留所への訪問からインスピレーションを得たカクテル 「Paper Anniversary」を創作したレミー・サヴァージュ氏(フランス代表)が「世界で最も創意にあふれるバーテンダー」の座に輝きました。
WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER 2014 WINNER
レミー・サヴァージュ (フランス)
Paper Anniversary
WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER 2013 イタリア・トスカーナで開催された2013年世界大会の模様
DAY1
オープニングレセプション、ボタニカルセミナーの後、各国の予選を勝ち上がったカクテルでのコンペティションが行なわれ、日本代表の清家麻衣さんが第1位を獲得されました。
DAY2
午前中にボンベイ・サファイア ジンをつくるうえで欠かせないジュニパーベリーの畑を訪問し、グローバル・ボタニカルマスターIvano Tonutti によるジュニパーベリーの説明がありました。午後はフィレンツェ市内に移動し、コンペティションで使用するグラス、カクテル用品等を購入。その後、ホテルに戻りボンベイ・サファイアのブランドトレーニングを受けた後、市内のバーを訪問し、各国の代表がカウンターに入ってお客様にカクテルをサーブしました。
DAY3
市内のフードマーケットでコンペティション用の材料を購入した後、マルティーニ グローバルアンバサダー Giuseppe Galloによるマルティーニ ベルモットのセミナーとネグローニ カクテルの権威 Luca Picchi によるネグローニセミナーを受講。
FINAL DAY
これまでの体験ツアーを活かして"最も想像力にあふれるカクテルを創作する使命"が与えられる決勝大会。スタンダードカクテルの「ホワイトレディ」をツイストし、ジャスミンティーやピンクグレープフルーツの皮などを漬け込んだリキュールを
ボンベイ・サファイアに合わせたカクテル「The Pastorini (Perfect Lady)」を制作したマテオ・ヴァンツィ氏(イタリア代表)が、世界で最も想像力にあふれるバーテンダーに選出されました。
WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER 2013 WINNER
マテオ・ヴァンツィ (イタリア)
The Pastorini (Perfect Lady)
2015年日本大会 応募要項

参加者募集のお知らせ

バカルディ ジャパン株式会社は、
カクテル創作におけるイマジネーション(想像力)をテーマにしたカクテル・コンペティション
「BOMBAY SAPPHIRE WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER 2015 日本大会」を
以下の通り開催、参加者を募集いたします。

【大会概要】

名称:
BOMBAY SAPPHIRE WORLD'S MOST IMAGINATIVE BARTENDER 2015 日本大会
主催:
バカルディ ジャパン株式会社
後援(順不同):
一般社団法人 日本バーテンダー協会 (N.B.A.)
一般社団法人 日本ホテルバーメンズ協会 (H.B.A.)
特定非営利活動法人 プロフェッショナル・バーテンダーズ機構 (P.B.O.)
応募資格:
バー、ホテル、レストラン等に勤務するバーテンダー、またはそれに準じる方で、応募時点で20歳以上、
日本国内在住の方
2015年3月に東京で開催予定の日本大会最終選考会と、同年5月末から6月上旬にかけてボンベイ・サファイアの
ボタニカル生産地(訪問地は2015年4月に決定予定)およびイギリスで開催予定の世界大会に出場可能な方
※世界大会では、実技および英語でのプレゼンテーションと質疑応答が審査の対象となります。
応募時点で、特定の酒類ブランドのアンバサダー業務等を行なっていない方
大会規定に沿ったオリジナルカクテルレシピを開発し、それを一般に公開できる方
表彰内容:
優勝者(1 名)
ボンベイ・サファイアのボタニカル生産地への体験訪問
およびイギリスで開催される世界大会への出場資格
最終選考会出場者(3名)
イギリスで開催される世界大会へのオブザーバー(観戦者)としての参加権利

【選出方法】

N.B.A.、H.B.A.、P.B.O.の各団体および一般公募部門の参加者からレシピを募集。
各部門から代表レシピを1作品ずつ選出し、4作品で日本大会最終選考会を実施。
日本大会の優勝者には、日本代表として世界大会に出場していただきます。

【応募受付期間】

2015年1月28日(水)~3月5日(木)必着

詳細につきましてはエントリーシートをご参照ください
エントリーシートはこちらからダウンロードできます