~バカルディ レガシー カクテル コンペティション 2019 日本大会~ 岡沼 弘泰氏が日本代表に決定

バカルディ ジャパン(代表取締役社長 前田 章子)が輸入し、サッポロビール株式会社(代表取締役社長 髙島英也)が販売する世界No.1*ラム、バカルディは、世界で最も権威のある大会のひとつ「バカルディ レガシー カクテル コンペティション2019」の日本大会ファイナルを2月21日(木)恵比寿アクトスクエアにて開催しました。

  • 2017年1~12月販売量・金額において(IWSR調べ)
画像:「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」の大会ロゴ画像

日本では4回目となる2019年大会は、セミファイナルを勝ち抜いた5名によるカクテルパフォーマンスの結果、青森県「SHADOW BAR」の岡沼 弘泰氏が日本代表に決定しました。
岡沼 弘泰氏のコメント「応援してくださったみなさんがいてこそ優勝できたと思っています。進化する人をイメージしたカクテル“EVOLVER”をさらに進化させていきたいです」

優勝した岡沼 弘泰氏( SHADOW BAR )
ファイナリストの5名:左から、西野 真司氏(WOODBERRY COFFEE ROASTERS)、高宮 裕輔氏(TIGRATO)、岡沼 弘泰氏(SHADOW BAR)、佐藤 麻美氏(pullman Tokyo Tamachi PLATFORM9)、水岸 直也氏(TRUNK(HOTEL))

審査員には、 パフォーマンス審査に、一般社団法人 日本バーテンダー協会会長 早川 惠一氏、一般社団法人 日本ホテルバーメンズ協会会長 小森谷 弘氏、特定非営利活動法人 プロフェッショナル・バーテンダーズ機構チェアマン 山野井 有三氏、BLCC2015世界大会優勝者 Franck Dedieu氏、 BLCC2012世界大会優勝者 後閑 信吾氏、The World’s 50 Best Bars アジアアカデミー会長 Vivian Pei氏、プロモーション審査に、放送作家・脚本家の小山 薫堂氏、および後閑 信吾氏が参加しました。

「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」は世界中のトップバーテンダーが集い、モヒート、キューバリブレに続く、次世代の定番となるレガシーカクテルを見つけ出すことを目的とした世界でも最も権威ある大会の1つとして数えられるコンペティションです。
今回、日本代表に選ばれた岡沼 弘泰氏は、2019年5月、オランダ・アムステルダムで開催される「バカルディ レガシー カクテル コンペティション 2019」世界大会に出場します。

「バカルディ レガシー カクテル コンペティション 2019」日本代表
岡沼 弘泰 創作(EVOLVER)

画像:優勝カクテル 岡沼 弘泰さん創作「EVOLVER」の写真

アーネスト・ヘミングウェイの言葉に触発され、“昨日の自分を超える”をコンセプトに、人生を一歩踏み出すための勇気を表現。

レシピ

  • バカルディ スペリオール 40ml
  • マルティーニ ビター 15ml
  • ベルベットファレナム 15ml
  • フレッシュ レモンジュース 15ml
  • アブサン 3dashes
  • オレンジピール

店舗情報:SHADOW BAR(青森県)

大会の様子は、(https://www.facebook.com/bacardilegacyjapan/)をご参照下さい。

この記事に関連するブランド

バカルディ

バーテンダーから絶大な信頼を得ている世界 No.1ラム

創業当時から、他のラムと明らかに違っていたそのスムーズなフレーバーは、様々なカクテルに使用されてきた。キューバリブレ、ダイキリ、ピニャコラーダ、モヒートなどのトロピカルカクテルには欠かせないスピリッツであるだけでなく、近年ではミクソロジストたちによって様々なオリジナルカクテルに使用されている。

画像:バカルディの商品画像


バカルディ ジャパン 公式SNS

すべてのイベント&ニュースを見る

このサイトはお酒に関する内容が含まれているため、20歳以上の方を対象としています。

あなたの生年月日を入力してください。

このページは、20歳以上の方を対象にしております。20歳未満の方のご利用はご遠慮ください。